ホームページ作成・制作の際に考えなければならない重要事項
ディレクションとはなんなのか?

業務委託

ホームページ制作における業務委託契約書の役割

業務委託仕事において業務委託契約書を作成する事は大切です。仕事を主導しているのは人間なので、ミスによってユーザーが損害を被る事があります。その際に契約書があれば補償の適用範囲を定める事ができるのです。早急な妥協策として補償制度は有効であるため、業務委託契約書は多くの人に役立てられています。

業務委託契約書はユーザーだけでなくサービスの担い手を守る効果もあります。なぜならユーザーの無茶な要望のせいで、仕事の範囲が拡大する事があるからです。そのせいで支払われる報酬以上の仕事を、ユーザーから求められる事もあります。揉め事が発生しやすい仕事の共通点は、業務内容が非常に複雑である事です。基本的にユーザーの求めるサービスの基準は高いので、サービスの提供後にクレームへ発展しやすいと言えます。

現代において人気を誇るホームページ制作の代行業もその一つです。ホームページ制作はHTML言語の記述を始める前に、完成図を決定しなければなりません。それはデザインと呼ばれる分野なので、HTML言語を記述する技術者が担当する事ではありません。しかしホームページ制作を望む人の多くが、仕事の流れを理解していないためトラブルを誘発しやすいのです。仮にホームページ制作の仕事を実行する前に業務委託契約書を作っておけば、ユーザーは自分の依頼した仕事の範疇を知る事ができます。それは意思疎通をする機会を増やす事になるので、ユーザーとサービス提供者の双方にとって利点ばかりです。

ホームページ制作では特にデザインの分野が分り難いと言われています。例えば美しく見えるホームページは、ロゴの画像や商品紹介の動画が充実しているのものです。しかしロゴの画像はともかく商品の魅力を伝える動画は、その分野に関して精通していなければ分かりません。だからコンテンツとなる素材は、デザインに該当するものであっても担当しない事が大半です。依頼をする側の立場は強く、仕事を請け負う側の立場は弱いと言われています。仕事を請け負う側は数多く存在しているので当然と言えます。仮に業者の対応に不満を感じれば、別の業者のサービスを用いれば済むからです。だからサービスの利用者が強く訴え出る事で、予定以上の仕事を遂行させられる可能性は存在します。

しかし仕事を担当する側も人間である以上、礼節を持って対応する事が理想的です。相手の言い分が正しければ素直に認める事で、自分の心に良い影響を与える事もあります。だからこそ業務委託契約書で仕事の範疇を決定し、ルールを設ける作業は重要なのです。”