ホームページ作成・制作の際に考えなければならない重要事項
ディレクションとはなんなのか?

ディレクション

ホームページ制作のディレクションで大切なポイントを紹介します

日本経済のデフレ社会が進行することで実社会における店舗販売が低迷する事例が増加する一方で、インターネットを通じたショッピングの利用者は年々増加しています。そのため、企業はホームページを用意して利用者獲得に奔走していますが、利用者が満足しているホームページ制作は簡単な作業ではありません。

ホームページ制作は専門に行う事業者に業務を委託することが一般的ですが、ホームページの出来はディレクターのディレクション次第で大幅に変わることが知られています。つまり、依頼する際には良いディレクションが出来る業者を見付けることが大切なのです。良いホームページ制作が出来る会社には共通する特徴があります。第一として、コミュニケーション能力があることです。

ホームページ制作はコンピュータ上のプログラムによる技術職であるため、他者と話し合う必要がないと考える傾向にあります。しかし、業務として行う以上は顔馴染みではない依頼者の企図する構想を的確に把握した上でディレクションを行うためにはコミュニケーション能力が不可欠になってくるのです。依頼する際には商品等の情報を迅速に発信したいにも拘らず、機敏なコミュニケーションを取れなければ時間を浪費するだけになるでしょう。第二には、ディレクションとは他者に対して行うのですから時間管理が十分に出来ているかを確認することです。小規模なホームページ制作ならば単独で作業が可能ですから、ディレクションは必要ありません。しかし、規模や件数うが大きくなっていくとグループ内で作業を振り分ける等の分担をする訳ですが、グループの人員が時間的な無駄がないように効率良く作業を完了させていく必要があります。

こうした内部事情を直接的に把握することは、業務を依頼する際に把握することが困難と考えるでしょうが、十分な時間を必要とする交渉で時間的余裕を確保できない相手には注意が必要と言えます。最後に挙げる点は相手の立場を考慮してディレクションができるかです。プログラムを行っている技術者には最低水準の能力が要求されていても上限が存在しませんから、自然と能力差があります。そのため、それを考慮することができなければ、よいホームページ制作は出来ないのです。

依頼者側の担当者も本業における業務内容や立場は千差万別でしょう。そのため、ホームページ制作会社がこうした事情を考慮できる能力を備えていないようならば、社内のディレクションにおいても十分な能力を備えているとは考えがたいでしょう。つまり、ビジネス上の基本能力を押さえていれば良い業者は見付かるのです。”