ホームページ作成・制作の際に考えなければならない重要事項
ディレクションとはなんなのか?

制作に参加

畑違いの仕事をする業界がホームページ制作に参加している

制作に参加広告業界は人類に情報を与える役目を負っています。しかし無計画な情報発信をしているわけではありません。なぜなら情報発信をするだけでは利益を得られないからです。主な依頼主である企業から報酬を受け取り、それに応じた情報を発信しています。

そして最近になって人気を集めているのがインターネットです。コンピュータの所有率が高まった事で、インターネットにアクセスしている時間が激増しています。つまり外の看板やテレビに目を向けている時間が減る事態と、インターネットのホームページを閲覧している時間が延びる現象が同時に生じているという事です。だから看板製作を行うサービスよりも、インターネットのホームページ制作の需要が高まっています。既存の宣伝方法を続けるよりも、新しい場所の方が情報が少ないからです。競合相手が少ないため目移りが減り宣伝効果が大きくなります。

だからこそホームページのデザインは重要です。例えば文字がぎっしりと詰まったホームページは、目が非常に疲れるので敬遠されやすいと言えます。画像と文字のバランスが良好なホームページでなければ、顧客離れが起きて広告の宣伝効果が小さくなるのです。デザインの完成度と宣伝効果は比例関係にあります。だからホームページ制作に力を入れるのは、企業だけでなく個人も含まれます。ホームページの宣伝効果が高まれば、収入源としての活躍を期待できるからです。

そして営利目的でホームページ制作をする場合には、複数のアドレスを持つ事がほとんどです。広告を貼り付けられる場所はホームページの数だけ存在するので、運営するサイトの数は収入に影響します。商品の紹介をする企業と違って個人の発信できる情報のジャンルは様々なので、ホームページ毎にテーマを使い分ける事が常套手段です。そしてホームページ制作に用いるアドレスが無料で入手できる点も、所有数を増やす効果を生んでいます。複数のホームページ制作を個人で実行する事は大変です。だから業者に作成代行を依頼するケースが少なくありません。それが業界全体を成長させているのです。

ホームページ制作業界が大きくなった事は、様々な業種を参入を促したと言えます。例えばデザイン業界の人材がコンピュータの可能性に注目し、活動範囲を広げるケースが存在しているのです。そして素材を作る業務に関しては、クリエイター業界が参加する事もあります。

畑違いの仕事がホームページ制作に勤しむ事は、業界に活力を与える効果があります。そして業界全体の成長はユーザーに還元されるのです。”