ホームページ作成・制作の際に考えなければならない重要事項
ディレクションとはなんなのか?

見やすくする

画像を使って見やすいホームページ制作を行なう

見やすくするホームページ制作を行なう上で最も気を付けたいのが、あらゆる人達にとって分かりやすいページを作ると言う点です。いかに力の入ったホームページを作っても、行間を詰めすぎたり全体的に混雑している場合、閲覧者はすぐに離れてしまいます。多くの人達が見やすいホームページを作る場合、適切に画像を使用してみましょう。

また画像は自分のイラストを掲載するホームページにとっても必要不可欠なものです。趣味のホームページを作る場合は画像を多様に掲載して閲覧者にインパクトを与えるようにしましょう。そこから仕事をもらえる事も少なくありません。人がホームページ制作に踏み出す切っ掛けは多様に存在していますが、なかでも多くの人達に専門的な知識を広める目的で作ろうとする場合は注意が必要です。専門知識はよほど噛み砕いて書かなければ一般人には理解できません。

法案や政治に関する知識だけでなく、科学的知識をホームページに掲載したい場合、できるだけ画像を使って噛み砕いた説明を行なうようにしましょう。面白い画像を用意できれば、そこから多様な人達が足を運んでくれる切っ掛けが生まれます。
また文字ばかりになっているページは閲覧者の「目」にも優しくありませんので、画を使用する価値は大きいのです。ホームページは個人だけが制作するものではありません。企業がホームページ制作に乗り出した場合、ホームページのデザインにもこだわる必要があります。特にアパレル系やコスメのサイトではデザインがイコール商品イメージを左右しますので、とても気を使う必要があります。

特に女性がアーティスティックだと感じるホームページを制作したい場合、イラストや画像を多用するようにしましょう。それにより、企業や商品に対してオシャレなイメージが生まれます。企業のホームページであれば特定のキャラクターを作ってイラストを掲載するのも良いでしょう。多くの人達に足を運んでもらえるホームページ制作を行なう場合、ターゲットを絞り込む必要があります。ホームページに画像を掲載する場合は閲覧者の年齢によって画のテイストを変えるようにしましょう。「萌え絵」と言うイラストは10代や20代の若者に人気ですが、50代の人達にとってはあまり馴染みやすくありません。

同様に、デザイン目的で写真を掲載する場合も、20代と50代では好む写真が異なります。一人のお客様に何度も足を運んでほしい場合、「見やすい」画を掲載するように心掛けましょう。

ホームページ制作を行なう場合はターゲットの年齢層によって好ましいデザインをする必要があるのです。”