ホームページ作成・制作の際に考えなければならない重要事項
ディレクションとはなんなのか?

ローンを組む前に

ホームページ制作依頼でローンを組む前に

ローンを組む前にホームページ制作において大切なことは、企業の社会的な宣伝効果としてサイトを訪れる人々にとって見やすくインパクトがあるものを打ち出せているかということになります。

企業や個人で更に宣伝効果を求める場合にホームページ制作を行うこととなりますが、自作で制作が困難な場合は専門の会社に依頼することとなります。

制作に掛かる費用の相場は、1ページあたりで基本5万円~10万円程が主流ですが、動画や依頼主の要望に応じて費用が変動します。それらは、見積り段階で打ち合わせにより決まります。

ページ数により大きな金額となる場合はローン決済できる場合もあります。大企業のホームページは、それなりにページ数も多くコンテンツが満載というものも見受けられます。

その他、大小様々な会社の小さなホームページでも1ページで完結するものは、サイトとして成り立たない場合が多く、一般的なサイトで相対パスの先は数箇所は必要です。会社概要、アクセス、宣伝紹介、沿革、カート、会員登録などのページがあります。

従って、物販販売ではないサイトであっても最低3ページから5ページは構成上必要となります。よって、企業が宣伝効果を機能させるためのホームページ制作には数十万円の予算が必要ということになります。ホームページ制作に100万円以上の大きな予算が掛かる場合は、キャッシュでの支払いは潤沢な資金を準備している状況の他は、厳しいものとなるかもしれません。

その場合は、ローン契約という方法もあります。ローン契約にすれば、端末のリース代のように月々の運営費の中に入れて、管理がしやすくなるというメリットがあります。ローンで契約を行う場合は、企業であれば当然のこととなりますが、契約内容を網羅することが重要です。

また、ホームページ制作の現物が組み上がっていない納品前の契約も慎重に行うことが賢明です。打ち合わせや見積りと違った納品となる場合もあるからです。

ローン契約でホームページ制作を行う時に、確認しておきたいのが付帯サービスについての決め事です。画像差し替えやメンテナンス、外部リンク先管理、定期的な更新や次のFlash制作など細かな部分、端末入れ替え時の互換性チェックなどが、契約金額の中に含まれているかどうかということです。

契約を交わしたローンの代金のみで済まなくなり、それらの新たなサービスに更にローンを組むということになると、せっかくの宣伝効果による売り上げを運営費が越えることとなりかねません。

比較し割安の制作会社を選んだ場合も、予め高いと感じたところより後に割高となってしまうこともあるのです。